読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイテンペンは世の習い

業界の片隅にいるインフラエンジニア、思ったことをつらつらと

井筒監督に言いたいこと

news.nifty.com

なんかスゴイイラっときた話。

井筒監督の「君の名は」この物言い

井筒 あんなオタクのオナニー動画を、1000万人が観るようになったら、オレは終わりやと思うけどね。あれは「映画」ちゃうから。

映画ではないとは言いすぎなんじゃない

自分の価値観と合わないとか自分が面白くなかったとかなら別にいい。

とはいえ映画ではないとかは酷い。

「シンゴジラ」だって、記事の中では

井筒 あんなもの、別にオレらが観る理由はないわ。シン・ゴジラ」も40分で観るのやめたもんな。最初にヘンな虫みたいなものが出てきて、それが10分ほどで進化してゴジラになったら、いつもと同じ形かい! とひっくり返って、そのまま映画館から逃げるように出てきたわ。

 と否定されているが、別にどうでもいい。それは井筒監督の価値観だし、

おもしろくなかったんならどうでもいい。僕は両作品とも最後までみたし、

面白かったと思った。

でも”映画”ってなんだ。

”映画”じゃないってただの”動画”だっていいたいのか

”映画”じゃないって傲慢だよ。

じゃあ”映画”ってなんなのか

”オタクのオナ二ー動画”といったレッテル貼りは

”パッチギ”のような日本社会の差別を訴えた

そういったことを描いた監督と同じ監督とは思えない。